名刺作成のファーストTOP > コラム > 自分の分身でもある名刺作成の作り方

自分の分身でもある名刺作成の作り方


名刺作成は個人で作る事も出来ますし、業者に依頼して作る事も出来、予算に応じて決めて良いでしょう。個人で作るとなるとイラストレーターやワード等を駆使してパソコンとプリンターさえあれば出来てしまいます。しかし、デザインや出来栄え、インク代を考えると印刷枚数によっては業者に依頼した方がよりかっこよく安く済んでしまうケースもあります。名刺作成のサイトではある枚数まで初回は無料でお試しが出来たりする場合がある為、手間や作り方のノウハウの面を考えると利用した方が想像以上の名刺が出来上がる可能性も大いにあります。





名刺作成において大切な点は相手にいかにインパクトを与えられて、次に繋げるかどうかです。名刺は自分の分身でもあり、相手に知ってもらう為の道具の一つでもあります、それ故に手を抜いた名刺だと多くある名刺の1枚に過ぎず、印象の残らない紙になってしまいます。名刺を作る目的を今一度明確化して印象に残る名刺にする為にはそれなりの工夫とノウハウが必要です。





名刺作成において、いかにインパクトを与えられるかはデザインがまず挙げられます。企業であればロゴを用いる事も多いですが、個人の場合にはオリジナルのロゴが難しい為、パッと見で色が綺麗、顔写真やイラストを載せるなどの工夫も良いでしょう。例えば名刺作成のフリー素材集で目に止まった素材が一瞬目を引くという事は名刺の内容を読んでくれる第一歩にも繋がる為、力を入れたい部分でもあります。注意したい点はデザインが強すぎて名刺自体が読む雰囲気を起こさないような出来栄えになっている事や色々な色を取り入れすぎてかえってギラギラした仕上がりになってしまうケースです。自分を出しすぎてもらった側には伝わりにくいような個性を前面に出しすぎな名刺も敬遠される要因になる為、決定前に第三者の評価も聞いておきたいところです。





デザインを目に止まるようにしたら、次は中身です。誰に発信したいのかによって内容を選択する部分は異なってきます。今では企業のサラリーマンだけでなく、主婦や学生でも新規の友達に配るといったケースもあります。主婦であれば、子供が今何人いるか、学生ならばサークルや趣味などを載せる事で身近にその人を知る事が出来ます。また、名刺は表だけではなく、裏も活用する事が出来ます。こんなこと名刺に書かないだろうというような事を載せる事でユーモアあふれる1枚に仕上がり、自分自身を氷原出来ます。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a