名刺作成のファーストTOP > コラム > 厚紙で名刺作成すると仕事に良い影響がある

厚紙で名刺作成すると仕事に良い影響がある


名刺作成するときに悩みあぐねる要素の一つに、素材を薄紙と厚紙のどちらにするかが挙げられます。どちらにも一長一短があるものの、ビジネスのために名刺作成を行うのであれば厚紙の方が優れている傾向があります。耐久性に優れていることが理由のほとんどを占めている一方で、他にもビジネスを優位に進めるために有効な特徴が多いです。事情があって名刺作成では薄紙を選択せざるを得ない状況でなければ、素材は耐久性に優れているものを選択することが賢明であると言えます。





薄紙よりも頑丈であることが多いので、忙しく動きまわる人には歓迎されやすい傾向にあります。多くの取引先と顔を合わせることになる場合、いつも数多くの名刺を携行することが必要です。名刺を持ち歩く前の準備段階で心に焦りが生じていると、ついつい物を雑に扱ってしまいがちです。意図的でなくても名刺を折り曲げてしまう可能性もあり、それが発生しやすいのは薄紙のものです。少しの力で簡単に折れてしまうことが原因なので、耐久性に優れた素材の名刺は忙しい人にうってつけというわけです。





名刺を受け取った相手からは、ビジネスに使う小物にも気を遣っていると評価を受けるようになります。社会人それぞれの個性が表れやすいのが名刺作成なので、薄いものもあれば厚いものもあります。ところが、相手からの評価が高いのは厚いものであることが多いです。重厚感がある素材は高価になることがしばしばであり、この特徴は名刺にも当てはまります。高価な小物を惜しげも無く手渡してくれる相手とは、安心して取引を行うことができると判断されやすいです。





取引相手のことを考えると、必然的に厚紙で名刺作成を行うことが多くなります。受け取った名刺は紛失しないようにファイリングすることが社会人の鉄則ですが、その他にも必要なことがあります。名刺の裏に担当者の特徴や、商談で交わされた会話内容の中でも重要だと感じるようなことを忘れないようにメモ書きすることです。薄紙の名刺であれば、ペンのインクが滲んだり強い筆圧で紙に穴が空いてしまうことが稀にあります。そのようなことがないようにするためには、丈夫な紙の名刺が有効です。





名刺作成で選択した素材によってビジネスが優位に進められることもあるので、慎重に考えることが求められます。相手の気持や実用性を考えるのであれば、自ずと厚い方を選択することが効果的であると考えるようになります。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a