名刺作成のファーストTOP > コラム > デジタル入稿で名刺作成の依頼が出来ます

デジタル入稿で名刺作成の依頼が出来ます


名刺は自分をプロデュース出来る大事なツールです。



会社員のほぼ百パーセントの方が、名刺作成を行っています。



そして常にある程度の枚数を携帯しているのです。





常に複数枚、携帯しておけば、新しくクライアントやユーザーになってくれそうな人々にその場で配布出来ます。



自社の製品やサービスについて関心が薄そうな人々にも名刺を配る意味はあります。



配布した相手個人が無関心だったとしても、その人の家族や知人、友達などに噂が広がれば、間接的ですが、マーケティングのチャンスが得られます。





ただし、今ではほぼ百パーセントの会社員の方が名刺を持っているため、



普通の人々も、ただ名刺を受け取ることについて新鮮味を覚えません。



それどころか無機質な名刺を配布してしまうと、



「ああ、またセールスですか。この会社は何だかつまらないな」等と逆効果をクライアントやユーザーに与えてしまうのです。





そのため、プロデュースのツールとして名刺作成を進めるなら、デザインに拘らなければいけません。



無地にシンプルなロゴマークが入った簡素なデザインもローコストでおすすめですが、デザインソフトで世界に一つだけの名刺デザインを製作すれば、個性を思う存分アピール出来ます。





また自社のゆるキャラや製品を名刺のデザインの一部として、加えてみるのも良いアイデアです。



単純に個人名や部署名、連絡先が入った名刺作成ではどこかビジネスライクな印象が強く出ます。





一方でゆるキャラや自社の看板商品や面白い商品がデザインとして挿入されていれば、名刺を受け取った側が、自然と興味を持ちます。





デザインソフトのIllustratorやPhotoshopを使えば、データのまま図案を専門会社にデジタル入稿出来ます。



社内のプリンタでも高品質な名刺作成は可能です。



しかし、デジタル入稿出来る専門会社に委託すれば、大量の名刺が安いコストで入手出来ます。





社のロゴマークやゆるキャラの図案がIllustratorやPhotoshopのファイル化されていれば、名刺作成はより捗ります。



多少データに不備だったとしても、専門会社のスタッフにお任せすれば、データ修正をした上で迅速に作成を代行してくれます。





修正を専門会社の方で済ませてくれるため、入稿する側がIllustratorやPhotoshopの素人でも大丈夫です。



専門会社によっては製作を助けてくれるテンプレートがアップされています。



そのテンプレートを使えば、レイアウトや図鑑が配置しやすくなりますので、初心者の方でもサクサク名刺作成が始められます。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a