名刺作成のファーストTOP > コラム > 効果的な名刺作成なら、両面やカラー印刷がお勧め

効果的な名刺作成なら、両面やカラー印刷がお勧め


名刺の持っている重要な役割のひとつは、手渡した相手に、所属している企業や自分自身を強く印象付けることできるというものです。



そのため名刺作成をする際には、一般的な片面だけのモノクロ印刷のものだけでなく、さまざまなタイプのものも検討し、その中から最適なものを選ぶ工夫をすることが大切です。



最近はより強く印象付けるために、さまざまなタイプの名刺を選ぶ人も増えています。選択する人が増えている名刺作成のタイプとしては、名刺の両面にさまざまな情報を印刷したものや、モノクロだけでなくさまざまな色合いを取り入れたカラー印刷のものなどを挙げることができます。





両面印刷の名刺の場合には、片面だけのものと比較してみると、名刺に盛り込むことができる情報量がおよそ倍になります。そのため従来の名刺と比べてみると、より多くの情報を相手に対して伝えることができます。



たとえば名刺表面に法人名や所属、連絡先、氏名などの名刺情報を印刷し、裏面にはアピールしたい事項を効果的に配置することにより、相手に対してより強く印象付けることができるようになります。また裏面をメモ欄などに利用することができるようにしておくことで、商談の際に必要事項を記載することができるようにし、ビジネスツールとしてより一層活用することができるようになります。



またカラー印刷の場合には、モノクロ印刷のものと比較すると、さまざまな色を使った印刷ができるため、受け取った相手の印象に残るものになります。



企業のロゴだけでなく、写真やイラストをカラフルな色合いで印刷することで、モノクロ印刷のものよりもはるかに多い情報量を伝えることができます。



もちろんこうした印刷を行った場合には、モノクロで片面だけの印刷を行った場合と比較すると、費用はかかりますが、それだけ印象に残る名刺を制作することができます。





最近ではより印象に残る名刺を制作するために工夫をしている人は多く、片面だけでなく両面に印刷したものや、モノクロではなく、カラー印刷をしたものを選ぶ人も増えてきました。



こうした工夫を行うことで、一般的な名刺を使用するよりも相手の印象に残り、名刺を渡した相手に覚えてもらうことができるため、ビジネス上の効果を期待することができたり、交友関係を広げるのに大変役立っています。



名刺作成の際には、一般的なモノクロでの片面印刷だけでなく、相手の印象に残るようなものを作成するという工夫も必要だということができるでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a