名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の際は、書体にもこだわることが大切

名刺作成の際は、書体にもこだわることが大切


ビジネスの場やあるいはプライベートな場でも、初対面の相手に対して、まず手渡されるのが名刺です。



ビジネスツールなどとして多くの人に活用されているのが名刺ですが、どんな名刺を使っているのかにより、受け取った相手が受ける印象も大きく変わります。



名刺を構成しているのは、ほとんどが文字情報であるため、使用している文字の種類によっては、そのイメージが大きく変わります。使用する文字によっては、意図していないイメージを相手に対して与えてしまう恐れもあります。いたずらに個性的な文字を選んでしまい、名刺を手渡した相手に対して、予期していない印象を与えてしまう場合もあります。そのため名刺作成の際には、使用する書体にも十分にこだわった上で、どんな文字を使うのか決めることが大切です。





名刺を作成するの際には、見本として使用されている文字の種類以外にも、さまざまな種類の文字を選んで名刺を作ることが可能です。



企業の場合には企業のイメージに合ったものを使うことができますし、また個人で制作する際には、作成する名刺により、自分自身のイメージを演出することも可能です。



丸みのある書体なら柔らかなイメージを与えることができるのに対して、直線的なものであればシャープなイメージになります。また普段は使われることが少ない珍しい書体を選べば、企業の独自性を表現することができたり、個人の場合にはその個性を強調することができます。



また名刺作成の際に文字を変えてみようと思っても、「今までの書体とは変えたいと思っているものの、どんな文字が自分の希望しているイメージに合っているのかがわからない」という場合もあるでしょう。そんな場合には、発注の際に書体について相談してみても良いでしょう。多くの名刺を作成してきた専門家であれば、さまざまな作成例をベースにした上でのアドバイスを受けることも可能です。





初対面の相手に対して渡す名刺は、ビジネスツールとして非常に重要なものです。受け取った側に自分自身を印象付け、ビジネスにつなげるための大切な役割を持っており、どんな名刺を作成するのかということは、ビジネスを成功させるための非常に重要な鍵にもなります。



名刺は文字情報を中心として構成されており、名刺作成の際に使用する書体によって、大きくイメージが変わります。そのことを念頭に置き、使用する文字の種類についても、十分に吟味した上で選ぶという心構えが必要であるといえるでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a