名刺作成のファーストTOP > コラム > イラストレーターを使って名刺作成をする時

イラストレーターを使って名刺作成をする時


名刺も日々の業務を頑張ればどんどんなくなってしまいます。その為、気がついた時に補充をしなくてはいけないのですが、今は名刺作成をしてくれる業者も多いので、どこで依頼をしようかとそこで考える事も多いです。業者ごとに特徴も値段に重点を置いていたり、デザイン性の高さや応用力があるかというように違いがあります。すぐに欲しい時には業者側で用意したデザインを使って名刺作成をする方が早いのですが、時間に余裕があるならデザインも自分たちでする方がイメージどおりのものが仕上がります。





最近は名刺の原稿もデータを使ってやり取りをする事が多くなりました。特に昔から使われているイラストレーターなどのソフトを使ってデータを製作している業者も多いので、データ入稿をする時にはファイルの形式の指定やテンプレートなどが準備してある場合が殆どです。また、業者によって使っている製作環境が違う事も多いので、マニュアルなどがあったらまずはそちらに目を通しておきましょう。





イラストレーターを使って原稿を製作する時でも、どこまでが印刷される範囲になっているのか、名刺サイズにカットされるときにどうなるのかという様な事も考えながら作成をしないと出来上がりに元々の紙の地の色がでてしまって慌てたりする事になります。イラストレーターの場合には、文字はアウトライン化したり解像度は印刷に適している解像度の300〜350dpiにするなど細かいワンポイントなどもマニュアルなどに記載がある事もあります。これらを確認せずに製作して出来上がりが変になってしまっていたとしても、それはデータ製作時に正しい方法をしていなかったのですから仕方がありません。





名刺作成をしてくれる業者も増えたので、価格的にもリーズナブルで臨機応変な納期で対応してくれる所もよく見かけます。データの入稿に関しては各会社での規定がありますから、製作前や入稿をする前にもう一度見直してからきちんと規定どおりの制作が出来ているかどうかを確認しておきましょう。入稿後には確認のメールなども来るのでそれを見て納期などを確認してから印刷をしてもらいましょう。前払いまたは代引きになっている業者が多いですから、支払いも忘れずにしておいて下さい。データで入稿と言うのは難しそうに感じるかもしれませんが、慣れれば作業も素早く簡単に出来るようになります。上手くデザインをして、データならではの綺麗な名刺を作りましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a