名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成・レイアウトやデザインのコツ

名刺作成・レイアウトやデザインのコツ


ビジネスの場において、名刺のデザインは成績を左右する大事なファクターとなります。名刺に載せて、情報を伝えるには限られたスペースの中で、シンプルかつ明確に行わなければなりません。しかし必要最小限に絞ったデザインが必要といっても、適当に文字・写真やロゴを配置しただけではしっくりくるものにはならず、下手をすれば所属する企業や本人のイメージを損なうこともあるため、慎重に行わなければなりません。





ここでは名刺作成における、レイアウトのコツをご紹介していきます。シンプルかつ効果的なレイアウトのコツとして、余白量・揃え・主役の明示・ジャンプ率の4点に注意する必要があります。まずは1つめの「余白量」を見て行きましょう。レイアウトにおいて、余白の処理は非常に重要です。普通に考えれば「余白」は何もないスペースですが、その余白に意味を持たせるのです。四辺の余白を増やし、紙面が埋まっている割合=版面率の調整に用います。周りに余白を作ることで、主役を目立たせることができます。強調したい部分の周りに適度な余白をつくることでその成果を発揮します。





次に「揃え」です。揃えられるところは極力揃えるのがコツです。名刺作成に限らず全てのレイアウトに共通して言えることですが、情報量が多く乱雑な画面も業や画像の列を揃えることで一気に画面がすっきりします。揃える基準としては、左揃え・右揃え・左右揃え・中央揃え、があります。またひとつ上のテクニックとして整列としての揃えだけでなく、デザインの面でも揃えておくと非常に見やすく、すぐれたものへと進化を遂げます。





そして「主役の明示」です。強調したい箇所は名前か、会社名か。しっかりと強調することにより、誰が見ても分かるようにすることで、初めてその媒体が告知物としての役割を果たします。主役を明示する方法として、前述の余白量の調整、他の文字と比べて大きく・太くする、色を変更する、書体の変更、周りへの装飾、など工夫をこらすことにより調整することが可能です。





最後に「ジャンプ率」の調節です。ここでのジャンプ率とは、誌面内での最も小さい文字と大きな文字との大小差を指します。主役の明示の手段の一つですが、こちらは全体の雰囲気をつくるのに有効です。ジャンプ率が大きいとインパクトが増して派手な感じを演出でき、ジャンプ率が小さいと上品で落ち着いた印象を与えることができます。こちらも全体の雰囲気やバランスを壊さないよう注意しましょう。





レイアウトが確定で、ある程度の方向性を定めることができたら、「文字」「図・イラスト・写真」「色」とのバランスを取って、内容にふさわしい様式に仕上げましょう。名刺作成をご自分でされる際には、自分のどの部分を強調したいかを考えて整理し、レイアウトからはじめてみることが重要となります。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a