名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の用紙について

名刺作成の用紙について


名刺とは自分を相手に紹介する自己紹介に使用して交換を行います。特にビジネスにおいてはとても重要なもので礼儀として相手に渡すものです。



また名刺は名前だけでなく所属や役職となった肩書きと言われる部分や連絡先を明記しておりとても重要なものです。受け取った方もきちんと保管をして、必要に応じて連絡をするような場合やなんらかの挨拶を行うような場合にも見直すことができるのでとても大切な役目でもあります。



このような名刺はビジネスにおいて必須のアイテムとなっていますが、名刺交換という相手との交流のきっかけという目的だけではなくなってきているのです。



仕事を行う上でよりよいパートナーになるということや、仕事を円滑にすすめることなど今後の関係性を考えて名刺作成を行っておくことが大切なのです。



自己紹介や交流のきっかけは確かに必要なことです。名刺交換はビジネスにおける入り口部分でもありますが、相手への印象というのがとても大切になってくるのです。相手に対して好印象を与え名刺もその目的にそったもので作成をしておくということが大切だということです。



相手と名刺交換を行い話をして好印象を残したとして、あとからその人が名刺を整理するときにも、その好印象であったことがわかる名刺であるということです。



きちんと気を使って名刺作成を行っているということがわかると名刺もよりよいPRのツールとなるのです。







名刺作成を行う場合に考えておきたいのが用紙です。名刺の紙の種類や厚みによってそのイメージが変わってくるということです。一般的には程よい厚みであり色は白色がいいです。あまりにも薄いとやはり薄い感じが残ってしまうことは否めません。好印象を与えるという意味では程よい厚みでソフトな紙質であることです。また再生紙を使用して企業としてのイメージアップを行うものもあります。



少し変わった名刺で印象を与えたいということであれば、光沢紙に写真を載せるという方法やクラフト紙を使用してレトロ感を出すことも可能です。



このように用紙によっても相手に与える印象が変わってくるのです。手触りや厚み、表面の質感や持ったときのソフト感などによって相手にあたえる印象が変わってくるということなのです。



このように名刺作成を行うときに、その目的から紙質などもよく選ぶことです。交換するだけの名刺や連絡先だけを伝える名刺ならそれもひとつの方法ですが、より好印象をあたえる、企業としてPRができるツールにするような場合など名刺作成のときに用紙を含めて検討することです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a