名刺作成のファーストTOP > コラム > シンプルなデザインの名刺作成が喜ばれる理由

シンプルなデザインの名刺作成が喜ばれる理由


フリーランスになって自分の名刺を作る場合、初対面の人に出来るだけアピールしたいと凝ったデザインで名刺作成を行う人が少なくありません。会社員の場合、個人ではなく会社で判断されることが多いので、名刺のデザインでアピールする必要はなく、社名や役職など最低限の情報とシンプルなデザインの名刺が多いですが、フリーランスの場合、その人の個性で判断されることになるので、まずは名刺でセンスを見せたいと考えるわけです。





では、凝った名刺とはどのようなものかというと、たとえば、印刷用紙が少し変わっているというものがあります。和紙などでも一般的な名刺に比べれば変わっていますが、プラスティック製、木製、あるいは金属製の名刺というのも存在します。素材が紙ではない名刺は誰でも変わっていることを判断できるので、個性をアピールしたい場合は有効と言えるでしょう。デザイン的には顔写真を入れたり、バーコードを印刷してスマホのカメラをかざすとメールアドレスなどの情報を読み取れるというものもあります。





上記のような変わった名刺は、確かにインパクトがあり、フリーランスの人には向いていると言えますが、では、シンプルはフリーランスには向いていないのかというとそんなことはありません。あえて無駄を廃したデザインで名刺作成を行う人も多いです。たとえば、名前が売れている作家の場合、職業も住所も入れず、ただ自分の名前だけを記した名刺を使っている人がいます。有名人の名刺は欲しがる人が多いので、そういった人にあげるために、あえてそういった名刺作成をするのです。





また、名刺交換になれていて、その名刺をスキャナーなどで取り込む人も、シンプルな名刺を使う人が多いです。なぜ名刺をデータとして取り込む人はシンプルな名刺を好むのかというと、変わった形の名詞、あるいは変わった素材の名刺は、スキャナーで取り込むことが難しいことを知っているからです。スキャナーで取り込めないものは、書かれている情報を手で打ち込む必要が出てくるので面倒なことになってしまいます。





確かに凝った名刺は個性をアピールすることは可能ですが、相手が管理しやすいかどうかということを考えると優れているとは言いがたい面もあります。なので、凝ったデザインの名刺とシンプルなデザインの名刺を両方用意して、相手にどちらがいいかを選んでもらうと、個性と一緒に気遣いが出来る人間性を伝えることが出来て、より強い印象を会った人に与えることが可能でしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a