名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成をするときの値段とは

名刺作成をするときの値段とは


社会に出ると、名刺作成は必須になりますね。自己紹介、身分証明、その他いろいろな場面で必要になってくる名刺ですが、これらを作るためにはいくらくらいかかるのでしょうか。





名刺作成には主に二つの方法があります。



ひとつが自宅のプリンターで出力する方法。もうひとつが専門の業者に頼んで委託する方法です。





一番安上がりなのは前者の方法で、値段は数十枚100円ちょっとくらい。名刺用紙の質にもよりますが、安いものは100円均一のお店にも置いてあるのでかなり安価です。



文具店などで専門のシートを買うと300〜500円程度に値段が上がりますが、それで100枚ほど印刷することもできます。





インクジェットプリンターでもレーザープリンターでも印刷ができますが、今の主流はインクジェットプリンターなのでそちらの方の専用用紙が多く売られています。100円均一のお店でも、売られているのはほとんどがインクジェットプリンター対応のものです。



また名刺用の用紙は、フリーカードという名前で売られている場合もあるので注意が必要です。





業者に委託する場合は、前述したような細かい値段の計算が必要なく仕上がるところが魅力です。



また、印刷はほとんどの優良会社できれいで手間がかからないというのも良い点の一つです。



安さを売りにしているところでは100枚290円というところもあります。これに送料や振込手数料を加えると少し割高ですが、ミスなく印刷できる点においては業者に発注するのもよいでしょう。





また、最近は半透明な名刺や角丸加工のされた名刺・背景のついた名刺などもあるので家では難しいこともできます。



背景を印刷するにはインク代がとてもかさみますし、角丸加工は個人でやるのは手間がかかります。



ほかにもざらついた加工や光沢のある加工など、思いのままの名刺を作ることができます。





名刺を大量に使う人の場合は、まとめて買うことで価格をおさえることもできます。ここは個人で作る場合とは違う点で、業者に頼むと量に応じてどんどん安くなります。





自宅で作る場合は時間や手間がかかってもいいから安く抑えたい、あまりデザインにこだわりがない場合によいでしょう。



おしゃれな名刺を使いたい、そのうえでネット環境がある場合は業者で発注するのがよいと思われます。





名刺はその人の顔ともいえる大事な小物です。どんな名刺作成をしたいか、お財布に余裕はあるか、じっくり考えて決めてみましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a