名刺作成のファーストTOP > コラム > 電話番号もくっきり印刷できる名刺作成の業者

電話番号もくっきり印刷できる名刺作成の業者


自宅プリンターで作られた名刺だと、電話番号やメールアドレス、ウェブサイトのアドレス部分が潰れてしまって読みにくいことがよくあります。昨今の自宅プリンターは高品質な印刷が可能ですが、それには限界がありますので、くっきりとした文字の印刷をやや苦手とする部分があります。



その点、名刺作成が依頼できる専門の業者に頼めば、自宅プリンターでは実現不可能な、くっきりとした印刷が可能ですので、電話番号やメールアドレスなどの細かな文字でも、読みやすく作成してくれます。



名刺作成の業者を選ぶなら、オンラインでデザインを選べるところがおすすめです。このような業者では、予め名刺作成に適したテンプレートデザインを、いくつか用意してくれています。シンプルなデザインから、背景画像入りの華やかなデザインまで選べます。



テンプレートが用意されていない業者に名刺印刷を依頼すると、注文する側がデザインを自ら作り、データ入稿をしなければならないことがあります。このような手間をかけたくなかったり、デザインをする技術を持っていないのであれば、テンプレートから選べる業者に依頼するのが簡単です。



テンプレートを選んだ後は、肩書や名前、会社名や住所、連絡先などの名刺に印刷したい情報を、注文画面で入力します。希望する枚数もこの時に入力しておきましょう。配送先の入力や、代金や送料などをきちんと確認した後に、注文を確定します。



支払い方法は業者によって違いがあります。カードが利用できたり、銀行振込で前払い、または後払いで支払う、配送業者へ支払う代金引換の手段が選べるケースも目立ちます。







名刺が届いたら、必ず印刷物をすぐに確かめましょう。サイズやデザインが間違っていたり、印刷の状態が悪いといった問題があるなら、直ちに名刺作成を依頼した業者へ、電話やメールで連絡します。業者側に問題がある場合には、すぐに対応してくれることが多いです。



印刷されている文字が間違っている場合には、業者側の不手際であるか、依頼者側の入力ミスのどちらかの可能性があります。依頼者側が入力ミスをする例が大変多いですので、注文画面をしっかり確認しましょう。また、注文画面などをプリントアウトして証拠を残しておくと、業者へ相談するときにスムーズに行なえます。業者側の不手際が分かったなら、業者側の負担で印刷のやり直しを行なってくれる場合もあります。



依頼者側の入力ミスの場合は、料金を支払い、再び依頼するしかありませんので、注文の際には十分に注意しましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a