名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の際に加工も利用

名刺作成の際に加工も利用


名刺も営業活動には欠かせないツールの一つですが、毎日仕事に励んでいるとあっという間に在庫もなくなってしまうことが良くあります。また、イベントなどに合わせていつも使っているものとは違う特別なデザインのものなども作ってみようと思う事もあるかもしれません。名刺作成をしてくれる業者は多いですから、たまにはいつもの名刺とは少し違った雰囲気のものを製作してみるのも良いでしょう。





ビジネスなど仕事の場で使うのであれば、シンプルで見やすいものの方がいいのですが、時には印象をより深く強めていくためにはいろんな加工をしたりすることで、他の名刺と差をつけることも出来ます。角を丸くするのも良く利用される方法ですが、一般的には3mm程度の小さな丸です。もっと大きくしたいのであれば5mmや10mmという風にしていく事もできますので、こうして角を丸くしてみるだけでもいつもの名刺の雰囲気が随分と変わってきます。印刷する範囲によっては切れてしまう場合もありますので、データ製作の時には気を使いますが、デザイン性を重視して名刺作成をするなら利用を検討してみましょう。





また、形自体は長方形であっても型抜きなどが入っている名刺を使うのもワンポイントが入っていてお洒落です。業態に合わせて、飲食店やその他のお店の雰囲気に合っている加工をしてみましょう。交換した相手が名刺を見直したときに、これはあの会社の人だなとそんな風に思い出してくれやすくなります。元々ユニークな形で作られている名刺もありますので、使うシーンは限定されるかもしれませんが、形にこだわった名刺を作成するのも印象付けなどにはいい方法です。





利用する紙などにも一緒にこだわれば、さらに名刺作成の幅も広がります。一般的に良く使われている用紙でもデザインにこだわる事はできますが、さらに上質な紙を利用したりすることでも印象が変わります。シースルーのようなフィルムタイプなども目を引きますので、作成の際には型抜きなど全体の範囲から製作する名刺を考えてみましょう。





シンプルな名刺でも日々の交換などには問題なく利用ができます。けれどもほんの少し加工を加えてみるだけで、全く違ったような名刺に見えてくるのです。日々多くの名刺をやり取りしているとどうしても埋もれてしまう事も良くあります。せっかく渡すのですから相手の印象に残るように考えて、しっかり作りこんだものを渡せるようにしてみて下さい。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a