名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成にかかる費用と労力を考えて印刷依頼

名刺作成にかかる費用と労力を考えて印刷依頼


ビジネスをする上では欠かせないツールの一つが名刺であり、名刺交換をすることによって相手に自分の連絡先を提供すると共に、相手の連絡先をキープすることができます。それと同時に、自分がどういった人間であるのかということを印象づけたり、相手がどういう人であるのかということを名刺から読んだりすることができます。この名刺交換の慣習をフル活用するためには自分を体現できる名刺を常に必要な枚数だけ携えているということが重要になります。





名刺が社会生活の中でどれだけ必要になるかはどういった業界でどのような仕事につくかによって大きく異なります。内勤の人は外勤の人に比べると名刺を使用する機会が少ないのは当然でしょう。また、製造業における技術者に比べるとサービス業で働く人の方がより人との交流の機会が多いのが事実です。そういった違いによって携えているべき名刺の枚数も異なることから、名刺作成をした場合にどれだけの枚数を印刷しなければならないかも異なってきます。





異動があったりすることによって名刺の記載内容を変えなければならなくなる場合もあることから、将来を見越して大量に印刷して準備しておくというのも賢い考え方ではありません。名刺作成にかかる費用は印刷枚数に比例するといっても過言ではないからです。しかし、印刷業者に依頼する場合には大量に印刷を依頼するほど一枚あたりの値段も低下することが多く、必要が生じたときに必要な枚数だけ印刷を依頼するというのもまた賢明とは言えません。





自前で印刷をすることによって費用が抑えられると考えてしまいがちですが、意外にコストパフォーマンスが高くないのが自前での印刷です。少ない枚数を印刷するには便利な方法であるものの、印刷にかかる時間と専用の用紙を購入する費用とを考えると、専門業者に依頼してしまったほうが安上がりになるということも珍しくありません。そのため、名刺作成においては専門業者を利用するということを常に念頭に置いておくことが重要になります。





コストパフォーマンスを考えると、確実に使い切れる量を想定して発注するのが最も良い手段となります。そして、不足してしまう分についてはその都度依頼をして印刷をしてもらうというのが良いでしょう。しかし、その労力の負担を考えるのであればやや多めに発注してしまって余らせるというのも悪い選択ではありません。会社にとって人件費は大きなものであり、それに比べたらわずかな量の名刺作成費はたかが知れているからです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a