名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成で人気のあるオプション加工

名刺作成で人気のあるオプション加工


名刺作成はビジネスマンにとって最初の一歩であり、商談の最後の決め手になることもある重要なものです。



特に日本は世界においても類を見ない名刺大国ですから、オリジナリティのあふれる名刺を作りたいと考えるビジネスマンや企業は多いものです。



そのオリジナリティのあふれる名刺を作りたいというニーズで心強い味方となってくれるのがオプション加工です。



これは名刺作成の際に使用する用紙を変えたり特殊な加工を施したりといったものになるのですが、その中でも人気が高いのはやはり「汚れにくい名刺を作る」というものでしょう。



名刺はやはり紙ですから非常に汚れやすく、場合によっては文字が読み取れなくなることもあります。



しかしそれに対抗するための加工もいくつかあり、特に美しさを保ちつつ文字の読みやすさも維持するということであればフィルム加工が有力候補になってきます。







フィルム加工では名刺の表面に透明なフィルムを貼り付けますから名刺表面のインクが劣化しづらく、また水濡れにも強いという高い耐久性を実現してくれます。



また同様に人気の高い加工としては用紙の変更が挙げられます。



一般的な名刺作成においては厚手のマット紙が使われるのですが、この紙は安い反面、手触りもありふれたものとなってしまいます。



だからこそ定番としての使いやすさがあるのも事実なのですが、例えばこれが厚みのある和紙など特徴のある手触りの用紙に変えれば手渡した瞬間に話題が一つ増えることになるでしょう。



一見して安っぽいクラフト紙であってもしっかりとデザインを整えれば、創意工夫の見える印象的な名刺になってくれます。



この他には印刷の際に別の材料を挟んでプレスすることで表面に凹凸を作るエンボス加工などは古くから人気の高い定番のオプションですし、少し前までは古臭いイメージを持たれていた活版印刷も重厚感を演出することができるということで再評価されるようになっています。



もちろん名刺作成において最も重要なのはわかりやすいことですが、日本において名刺はビジネスマンの分身と言われているのも事実です。



多少値段は張ってくることになるでしょうが、ライバルのビジネスマンの一歩先を行くために加工を検討することは決して悪くない選択のはずです。



もし名刺作成においてよりオリジナリティのあふれる名刺がほしい、イメージを一新する斬新な名刺がほしいということであれば、まずはオプション加工を検討することをお勧めします。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a