名刺作成のファーストTOP > コラム > エクセルでできる名刺作成と印刷の注意点

エクセルでできる名刺作成と印刷の注意点


名刺作成は社会人になる上での一大作業であった時代は過ぎ去り、誰もが手軽にできるものになりました。パソコンが普及する以前は専門の業者に依頼して作成してもらうというのが典型的でしたが、誰もがパソコンを扱えるようになったことで自前でデザインをして名刺作成をするということができるようになっています。そのために使いやすいソフトも多数開発されてきているため、適切なソフトを選べばパソコンの知識がほとんどなくても名刺作成を行うことができます。





一方、専用のソフトを手配しなくても、オフィスで使用されているような基本的なソフトを用いても名刺作成を行うことができます。エクセルを使うというのはその代表例であり、手軽にできる作成方法の一つです。この他にも多様なソフトが使用されていますが、多くの人にとって使用経験のあるエクセルは名刺作成においても頻繁に使用されるようになっています。しかし、名刺を作ることに特化したものではないということがしばしば問題となります。





名刺をデザインしたら印刷をすることになりますが、パソコンが使えるようになっても個人の力ではしばしば苦労を伴うことになるのが印刷です。家庭用のプリンターでは名刺サイズの印刷に対応していないことが多く、名刺に適した厚めの用紙に対応していないこともあります。こういったときに自前で印刷することを考えると、名刺印刷のために新しくプリンターを購入しなければならないという状況になってしまうことになりかねません。





こういった際に役立つのが印刷業者の利用であり、データ入稿をすることによって印刷を行ってもらうことができます。しかし、エクセルで作成した場合には注意点があります。一つはデータの形式として対応してくれない業者もあるということであり、必要に応じて他の形式に変換を行う必要があります。





一方、機種依存性が生じやすいという問題があるため、自分が画面で見ているものとは違う姿で印刷されてしまう可能性が否定できません。そのため、サンプルを出してもらって期待している通りの名刺ができているかということを確認することが大切になります。そういったサービスを提供している業者を選んで依頼することが重要です。





名刺作成自体はようになってきているものの、印刷の大変さは未だに課題となっています。その容易さを獲得するために業者を選んで依頼するということが大切になると覚えておくと良いでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a