名刺作成のファーストTOP > コラム > データ入稿で名刺作成を依頼するときの注意点

データ入稿で名刺作成を依頼するときの注意点


名刺を持つということは社会に出て仕事をしていくためには不可欠であり、就職したことによって初めての名刺を持つことになる人も多いでしょう。そういった際に会社から支給されない場合には自分で名刺作成を行う必要があります。就職に向かって準備をする忙しい日々を送ることになるとはいえ、会社に入ってから人に会うたびに渡すことになるビジネスの必需品であることから、決して疎かにしてしまってはならないと肝に銘じておくことが大切です。





誰もが気軽にパソコンを使える時代になったことを受けて、名刺作成のあり方も変わってきました。以前は専門の業者に依頼して制作してもらうというのが一般的でしたが、最近では自分でパソコンを使って名刺作成を行い、そのデータを入稿することによって専門業者に名刺印刷を行ってもらうことが多くなっています。DIYの考えに基づくものであり、オリジナルの名刺を作ることで期待を胸に社会に羽ばたいていくという面も持っています。





自分でパソコンを使って名刺を作る場合に気をつけなければならないのはファイル形式です。業者によって対応しているフォーマットが異なることから、自分が使ったソフトのファイル形式には対応していないという状況になってしまう場合もあります。その場合には新たに別の業者を探さなければならなくなり、名刺作成をする上で手間を増やしてしまうことになりかねません。予め業者を決めて必要なファイル形式を確認することが大切です。





また、ファイル形式だけでなく、テンプレートが指定されている場合もあります。寸分のズレもなく印刷を行うためにはテンプレート上に名刺を作成してもらうというのが業者側からすれば確実な方法であり、印刷をする段階になってトラブルが生じないようにテンプレートの提供を行っていることが多々あります。そのテンプレートも同じソフトであっても業者ごとに異なるのが一般的であることから、予め依頼する業者を選んでおくことが重要になります。





与えられたテンプレートにしたがって作成したデータを入稿すればほぼ間違いなく作った通りの名刺を印刷してもらうことができます。しかし、使っているパソコンのOSやソフトのバージョンなどの違いによって差異が生じてしまうことも稀にあります。そのため、データ入稿で名刺印刷を依頼する場合にはサンプルを確認できる業者を選ぶのが賢い方法です。そうすることで自分が想定したのとは異なる名刺が届いてしまうことを防ぐことができます。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a