名刺作成のファーストTOP > コラム > メーカーに依頼して名刺作成をすること

メーカーに依頼して名刺作成をすること


名刺作成は一般的にその地域にある印刷業者や、印鑑販売業者などで受け付けているため、メーカーに依頼してまで名刺作成を行う人はあまりいないというのが現実です。ただし、名刺作成を大量にしなければならない場合には、メーカーに依頼して数千枚作成を依頼することがないとは言い切れません。したがって、もし依頼する枚数が数十枚レベルでないときには大量に印刷、作成ができ、しかも安価なメーカーに委託する方がよい場合もあり得ます。





名刺作成はそもそもオフィス街の一角などにおいて、個人で経営しているような印刷業者が存在するものです。そのため、よほどの枚数などで無い限りはメーカーに委託することはあり得ません。また、枚数が多い場合であっても、通常の印刷業者で対応が十分に可能なものです。メーカーなどに委託してまで対応をすることはあり得ません。ただ、特殊な加工が必要な場合には、通常の印刷業者では対応ができないこともあり得ますので、その場合に選択肢の一つとして考える余地は出るでしょう。





名刺作成では、営業などのように大量に使用することが想定されるときには、なるべく早めに用意をしなければ行けません。用意できずに足りない場合には、たちまち仕事に支障が出てしまいます。無論、この場合においては名刺が足りないからといって仕事がなくなるわけではありませんので、仕事ができず組織に迷惑を掛けてしまいます。段取りよく名刺を作成しておいて、必要なときに対応ができるように心がけておかなければいけません。





名刺作成を行える業者が近隣にいない場合には、インターネットで注文を行えるところも増えています。そのため、インターネットでの注文によりロゴなどを指定して、大量に用意してもらうことも気軽にできる時代になりました。ただ、この場合にあっては注文から印刷、完成分の確認を行うなどの手間が相応にかかります。時間的にも多少はかかってしまうため、段取りよく準備を進めなくてはいけません。





名刺に特殊な加工を行う場合にあっては、その特殊な加工ができる業者に依頼することが必要です。ただ、そもそも特殊な加工が必要な場合というのがそれほど想定はされていませんので、あまり気にしなくてもよいでしょう。名刺を作成する人の職場で、そうした特殊な加工について、何らかの営業などに使用するために作成を行うことがまれにあるぐらいです。特殊な加工が必要な場合では、その対応ができる業者自体が限られていることが多く、あまり気にしなくてもいいことも多いです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a