名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の料金は現金で支払ったほうがいい

名刺作成の料金は現金で支払ったほうがいい


名刺作成会社に名刺を依頼した場合、作成料の支払いはどのように行えばいいのでしょうか?



依頼者の希望はいろいろありますが、なかには現金で支払ったほうが一番確実だと思う方もおられるかもしれません。



その場合は、業者がそれに対応しているかどうかですが、多くの会社ではこの現金支払いにちゃんと対応しています。



方法は、出来上がった名刺を事務所で直接受け取るようにして、その引渡しのときに現金で支払うようにすればいいのです。



業者のほうでもこの方法を勧めていますので、直接が一番安心できると思う方はこうすればいいでしょう。



もちろん受け取るのは名刺だけではなく領収書も必要ですが、名刺の引渡しの際に受領書を受け取ることになるので、その受領書が領収書の代わりになります。



一方、直接支払い以外の方法も選択できることはいうまでもありません。



その方法とは、代金引換、銀行振込、コンビに決済です。



これらの方法は名刺の引渡しとお金の支払いを同時に行う直接支払いとは違っていて、まず作品が届いてから決済するか、決済してから作品を届けてもらうかのどちらかです。



銀行振込みの場合は、大体は先に依頼者が料金を銀行に振り込んでから、その後で名刺が届く形になります。



代金引換は運送会社によって名刺が届けられ、その手渡しのときにお金を支払うことになりますが、名刺作成会社から見ると先に諸品を届けてから決済してもらう形になります。







そしてコンビに決済は、商品が届いてからコンビニのカウンターやATMで決済を行うので、これも事後的な決済になります。



このようにお金を直接会社に支払う方法以外にも、決済する方法があります。



このうち、お互いにとって一番安心できるのはどの方法でしょうか。



考え方はいろいろありますが、少なくとも名刺作成会社にとって一番安心できるのは、依頼者が直接事務所に来てお金で支払ってくれることです。



これなら名刺の受け渡しとお金の受け取りを直接行って確認することができるので、後でトラブルが置きにくくなります。



名刺作成会社が恐れるのは不払いなので、それを自分の目で確認できる直接支払いは、このうえなく安心することができます。



また依頼者にとっても、自分がちゃんとお金を支払ったことを直接証明できるという意味で、お金を直接本人に支払うほうが安心できます。



つまり名刺作成会社と依頼者双方にとって、お金と名刺の引渡しは直接行ったほうがいいということです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a