名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成と出荷の方法について

名刺作成と出荷の方法について


名刺作成を業者に依頼した場合、完成してからどのぐらいの速さで依頼者に届けられるのでしょうか?



この世界のことを全く知らない人は、早くて一週間、長くて一ヶ月かかるなどと思ってるかもしれません。



しかし、今はなんでもスピード化の時代であり、名刺の納品についてももっと速いスピードで行われます。



例えば、名刺が出来上がってから翌日出荷なんていえばすごいと思うかもしれませんが、今はそれぐらいの出荷スピードは当たり前です。



それどころか、最短では当日出荷が可能というところもあるほどです。



これを見るにつけ、名刺の納品スピードはかなり上がっていることがお分かりになるでしょう。



というわけで名刺の納品スピードを不安視している方は、現状を見て安心することができます。







さらに素晴らしいことは、時間を指定しての配送ができるということです。



欲しいときに欲しいものを届けてほしいというのはクライアントの何よりの願いですが、今の名刺作成会社はこの期待にも応えてくれます。



例えば、翌日の午後2時までに届けてほしいとか、夕方5時までに届けてほしいなどいろいろな希望があると思いますが、現在ではこうした時間指定も簡単にできます。



ただし、とりあけ遠方であるとか道路状況が悪い場合は、指定時間を過ぎてしまう可能性もあります。



まった突発的な災害や事故が起きた場合も、時間をきっちり守って配送することが難しくなります。



このような例外はありますが、それがなければ時間指定の配送が普通に行えます。



さて、このようにスピーディーな納品ができるようになった名刺ですが、一つ注意しておきたいことがあります。



それは、別々のタイミングで名刺の注文を行った場合の納品の仕方についてです。



この場合はどうなるかといえば、基本的に遅い納期に会わせて納品されることになります。



しかし、早く注文した案件でも、データに不備があった場合や入金を済ませていない場合には、遅く注文した案件が先に納品されることもあります。



そうでなくても基本的に、データの不備や入金漏れがあれば、納期は遅れてしまいます。



ところで、名刺作成の納品については配送途中の欠損や紛失などのトラブルについても考えておかなければなりません。



これはどちらかといえば依頼者のほうが心配になることですが、そのための対策もとっておかなければなりません。



例えば、紛失した場合にそれをどう保障するかについて作成会社と合意をしたり、確実に作品が受け取れるように事務所などで直接足を運ぶようにするのもいいでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a