名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成において重要性が高い台紙選び

名刺作成において重要性が高い台紙選び


名刺の与える印象はその所有者の評価に直結する面があるということを理解しておくことは大切です。名刺交換の伝統がある日本では名刺に対する認識の仕方も十人十色であり、ただ連絡先を交換するだけのものという認識をしている人もいれば、相手の連絡先を手に入れるための手段と考える人もいます。そして、名刺によって相手がどういった人であるかを吟味しようと考えている人もいるのが事実であり、その準備において手抜かりをすると足元をすくわれかねません。





名刺が相手に与える印象は多大なものであり、名刺のデザイン一つで信頼を得られるかどうかという点も変わり得るものです。基本的なテンプレートにそって作成された名詞の場合には特別な印象を与えるということはあまりなく、相手の記憶に残らないことすらあります。しかし、少しでもこだわりをもって作られた名刺である場合には、それがもとになって話が弾むが場合もあり、ただ印象付けにできるだけでなく、円滑なコミュニケーションを生み出すこともあります。





一方、名刺作成において重要となるのはデザインだけではありません。デザインの微妙な違いと同様に大きな影響を及ぼすのが名刺の台紙です。名刺作成をする際にはデザインにこだわりをもって多くの時間を費やして作成に励む人も少なくありません。しかし、台紙選びに時間をかけるという人はあまり多くはないでしょう。安くて薄いもので構わないと考えてしまいがちだからであり、大量に印刷する必要があるからこその選択となっているともいえます。





しかし、名刺の紙質や厚さは相手に与える印象を大きく変えます。薄くて今にも飛んでいってしまいそうな名刺の場合には貧弱な印象を与えてしまうことは否めません。一方で、暑くて重量感のある名刺の場合には重厚な存在感を示すことができるでしょう。さらに光沢があるいった場合にはより存在感を高めることができ、相手の記憶に残っていく名刺交換を実現することができると期待できます。





こういった視点に立って台紙に注目して名刺作成を行うというのは賢い考え方です。デザインにあまりセンスがなかったとしても数多くのテンプレートがあることから、それなりに見栄えのするデザインの名刺を作ることは可能です。そうやって作成された名刺のデザインを活かすも殺すもどういった紙質と厚さを選ぶかということにかかっています。デザインとのバランスをとって適切なものを選ぶと好印象を与えられるようになるでしょう

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a