名刺作成のファーストTOP > コラム > ネット注文で名刺作成をする場合について

ネット注文で名刺作成をする場合について


  ビジネスの現場に名刺は欠かせません。ビジネスマンで名刺を持っていないというのは、プライベートの飲み会くらいなもので、通常、会社関係の懇親会等では絶対に持っていなければ、商機を逸するというのは良くある話と言えるでしょう。自分を写し出す名刺の出来如何によって、売上が左右されると分かっている方は、名刺作成に関しては、一工夫もふた工夫もしているのが通常です。多くの場合は、二枚折りの名刺を作成してみたり、全面カラー名刺や、観音開きの名刺等、バリエーションは様々です。近年では、この名刺作成をネット上で注文してしまう人もいる程です。では、この名刺作成をインターネット上で注文して安価に仕上げることができるものなのでしょうか。普通に馴染みの地域の印刷屋と付き合いながら大ロットで注文したほうが安価に仕上げることができそうなものですが、それを押してまで、メール等で注文する人が多い背景には、安価に仕上げることができるといった事実が畳み隠されているのでしょう。



  ビジネスでいつも持ち歩く名刺をインターネットで注文する場合は、確かに通常、馴染みの印刷屋に注文するよりは安価に仕上げることが可能です。但し、百枚程度印刷発注しただけでは、少ししか安くならないため、それ程安いといった感覚はありません。大量に発注しいた場合に安価になるというだけですが、それでも驚く程安いという訳でもないのです。




  そういったことから、メール等で発注する人は、実際にはリアルで発注できない名刺を作っている場合があります。リアルで発注してしまえば、不都合があるケースとして、その方が副業で違う職に就いているとか、または、余り人に知られたくない趣味のサークルでしっかりした名刺が必要だとか、様々な理由が考えられるでしょうが、一つ言えることは、知り合いの印刷屋や、住んでいる場所の印刷屋には絶対に依頼したくない事情があるものと想定されます。確かに副業等が会社の規定で禁止されているのに副業をしているということが、リアルで顔見知りの印刷屋に依頼すれば本業に知られてしまいます。実際、こういった依頼する印刷屋等は、本業で知り合った印刷屋であるため、絶対に頼むことはできないといった当然な理由もあるのでしょう。



  メール等で名刺印刷を依頼するケースとして考えられるのは、注文金額は殆ど関係無く、リアルで依頼できないために仕方なく注文しているといったことが殆どなのではないでしょうか。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a