名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成におけるデザインについて

名刺作成におけるデザインについて


ビジネスにおいて欠かせないのが名刺ですが、名刺作成においてはそのデザインに気を付ける必要があります。というのもデザインの良し悪しによってお客様に対する印象が変わったり、会社の業績に影響を与えたりします。だからと言って名刺をわざと目立たせたり、相手の目を引くような工夫をついしてみたくなりますが、実際にどの点に注意して名刺作成していけば良いのでしょうか。まず名刺自体に情報を入れ過ぎないようにしていくことです。名刺に入れる情報は、氏名、役職、資格、会社の住所や電話番号、携帯番号、メールアドレス、ホームページアドレス、QRコード、地図など、様々なものが考えられます。だからと言ってこれらの情報をすべて名刺に記載したところで決して魅力的なデザインになるとは限りません。それはどういうことかと言いますと、色々と伝えたい情報がある中でも最も大事な情報はどれに該当するのかということをよく考えなければいけないからです。お客様には第一段階での紹介をしたり、ホームページや実店舗を見てもらったりするわけですから、初めは名刺に必要最低限の情報のみを記載し、余計な情報を名刺に盛り込まないことが重要になります。次に名刺作成を行う上で注意しなければいけないのは、名刺に適度に余白を設けるということです。







名刺というのはそもそもサイズが小さいので、必要最低限の情報とはいえ何も考えずに情報を配置すると見にくくなってしまいます。これは誰でも名刺を見る時にまず空間的な形や配置を捉えようとするからです。このため名刺には余白を適度に設けて見やすさを向上させる必要があるのです。余白を優先することで名刺に記載する情報量が少なくなってしまう場合もありますが、最終的にはお客様に対する印象がどうなるのかという観点で情報量と余白のバランスを検討していくようにしてください。これ以外にも名刺作成において気を付けることは、名刺に色を付ける場合は文字が見えにくくなってないかを考慮するということです。名刺の印象をさらに良くする課程で確かに色を付けるというのも重要な要素となります。人によってはなるべく多くの色を使用することでカラフルに仕上げたいという場合もあるのではないでしょうか。しかし使用する色によっては逆に文字が読みにくくなってしまう場合があるのです。文字は名刺にとって欠かせない存在です。色も文字や余白とのバランスを考えていくことが重要になるのです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a