名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の注意点について

名刺作成の注意点について


ビジネスのシーンで重要な名刺作成ですが、どうせなら印象に残るものが作りたいものです。目立つデザインや斬新なものの方が目を引いてよいように思われがちですが、会社やその人の印象を良くする名刺作成にはいくつかの注意点があります。





名刺を渡す相手にさまざまな情報を伝えたいからと名前や住所・電話番号などとともに会社情報や持っている資格・キャッチコピーなどすべての情報を羅列した名刺では逆にどの情報も伝わってきません。



最も伝えたいことは何か考えて、名刺作成しましょう。最低限しか載せないほうが逆にお客様の方から興味を持ってくれる可能性もあります。詳しい情報が知りたくてホームページなど見てくれ購買意欲が増す結果となるかもしれません。情報を入れすぎないことが大切です。





名刺は小さなものなので、伝えたい情報を名刺全体に入れようとするものですが、逆にあえて余白を入れた方がおすすめできます。すっきりとして見えますし、情報がきちんと伝わってくるのです。





最近はカラーの名刺もよくありますが、色をつける際には更にデザインに注意する必要が出てきます。カラフルで多くの色がある方がパッと目を引くようには思われるでしょう。しかし、手にとって一枚一枚の名刺を見るときに、そのカラフルな色が逆に文字を読む妨げとなる場合もあるのです。文字が見えにくくならない色、逆に文字を際立たせる色使いを心がけるようにしましょう。色には明度や彩度などあり、対曲線上にある色や隣り合った色でその見え方の効果は違います。デザイン以上に情報を伝えることが大切なので、文字が見やすくなるよう工夫が必要です。





他にはないデザインをと奇抜なものをめざし勝ちですが、万人受けするのはすっきりとした見やすいデザインのものです。名刺の印象がよくなれば、渡した本人やその会社の印象もアップするでしょう。伝えたいことが一目でわかるようなデザインにしましょう。





とはいえ、素人が一から作成するというのは難しいものです。最近はパソコンを使えば名刺作成を個人で行なうこともできますが、どうしても素人臭さが出てしまいます。



個人で楽しみのために作るというのではなくビジネスのシーンで使用するものであれば、きちんとした業者に依頼してプロに作ってもらったほうが確実です。個人で作る以上に費用はかかりますが、会社の業績にかかわることです。初期投資と考えて、信頼できるデザイン会社・印刷会社を探すようにしましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a