名刺作成のファーストTOP > コラム > マイクロソフトに頼らない名刺作成について

マイクロソフトに頼らない名刺作成について


パソコンで使うことの出来るマイクロソフト社のソフトウェアは非常に便利であり、簡単な印刷物であれば専門の業者に頼ることなく自分で作ることが出来てしまうという点に魅力があります。パンフレットなどのチラシ系にはとても相性が良く、細かくデザイン変更に対応することが出来るため、小ロットの印刷の場合にはマイクロソフト社のエクセルやワードと言ったソフトウェアが非常に役立ちます。同じように名刺作成に関してもマイクロソフト社のソフトウェアで簡単に作ることが出来る仕組みが既に確立しています。



名刺作成の場合には名刺サイズと呼ばれる定型のサイズがあります。このサイズの紙に印刷を行うのは効率的ではないため、A4サイズの用紙に何枚分かをまとめて印刷し、カットする方法で作成するのが一般的です。この様な目的に対応した名刺用の印刷用紙を販売しているメーカーもあり、印刷会社を利用しなくても良いと考える様になった人も少なくありません。それほどまでにマイクロソフト社のソフトウェアは汎用性が高く、便利であると言えるのです。



しかしながらマイクロソフト社のソフトウェアが優れていても名刺作成においてクオリティに直結するのはプリンターの性能です。一般家庭のプリンターは勿論、業務用のプリンターであったとしても専門の印刷会社のプリンターには及ばないのが現実です。そのため便利になった現在でも専門の業者が作る名刺には高い需要があるのです。




専門業者に名刺作成を依頼した場合に得られるメリットは高いクオリティです。明らかに手作りをしたと感じられるような品質ではなく、受け取った人に強いインパクトを与える名刺を作ることが出来るのは専門の業者であると言えるでしょう。一般に名詞は名刺サイズと呼ばれるカード状のものを使用しますが、専門業者の場合には形にはこだわりません。業種によっては奇抜なデザインに敢えてすることでインパクトを狙うこともあるでしょう。その様なニーズに柔軟に応じてくれるのは専門業者ならではです。



また名刺はカード状のものであれば用紙の種類は問いません。紙を使用して作るケースが最も多いのですが、紙の品質にも様々な種類がありますので仕掛けを施して受け取り手に驚いてもらえるようなものも少なくありません。半透明のカード状のものを使用したり、紙以外の素材を柔軟に活用した特殊な名刺も最近の人気商品の一つです。手作りではまず作ることの出来ない特殊な素材を扱えるのも専門業者の強みです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a