名刺作成のファーストTOP > コラム > 当日便で対応する名刺作成の現状

当日便で対応する名刺作成の現状


どのような業界であったとしても社会人となってしまうと必ず必要になるのが名刺です。人に初めて合う度に一枚は必要になるのが名刺であり、交換を行うことによって互いの素性を明らかにするというのが日本の伝統文化となっています。それゆえに社会人のマナーとして名刺を所持し、その取り扱い方についても学ばなければならないというのが実態となっています。そのためには名刺作成を行わなければならず、社会人となる上での儀式ともいえるものとなっています。



名刺は自分を象徴するものでもあることから、ある程度のこだわりをもって作成する人が多いのが事実です。そのこだわりの度合いは人によって大きく異なりますが、完全にオリジナルデザインとして作る人から、基本的なテンプレートから選んで作る人まで幅広く存在しています。その印刷も自前で行うという人もいれば、専門の業者に発注することによって手配するという人もいるのが現状です。




仕事によっては大量の名刺が必要になることから、自前で印刷するのでは手間がかかり過ぎるということもあります。数百枚という単位で印刷をするのは骨が折れるものであり、業者に依頼してしまった方が労力も考えれば安くなるだろうと考えるのももっともなことです。初めて名刺作成をするときはそれで問題がないことが多いものの、増刷が必要になった際には少し問題が生じる場合があります。名刺が足りないことに気づいて発注した場合に、明日にも増刷分が欲しいとなると間に合うのかどうかが心配になりがちだからです。



そういった急を要する場面があるということは印刷会社も重々承知していることから、スピードを重視したサービスが行われるようになっているのが現状です。メール一通で増刷の依頼をすることが可能であり、それを当日便で発送してもらうことができるようになっている業者がほとんどです。それを標準のサービスとして行っている業者すらあります。スピードが必要とされることが多い名刺作成だからこそ、それに重点をおいたサービスも競争が激しくなってきている結果が反映されています。



当日便で発送されると、知覚の業者であればその日のうちに手に入れることが可能です。遅くとも翌日には手元に届くと期待できることから、かなり急ぎの状況であっても発注していて間に合わせることができるでしょう。それ以上に急ぐ場合には自前で印刷することが必要になりますが、品質の安定性も考えて忘れず発注するのに越したことはありません。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a