名刺作成のファーストTOP > コラム > デザイナーの活用でオリジナルの名刺作成

デザイナーの活用でオリジナルの名刺作成


名刺を持つということは社会人としての基本的なマナーであり、仕事上で初めて出会う人には自分の名刺を渡して自己紹介をするということが常識となっています。名刺を渡された場合にも自分の名刺を渡すということがマナーであり、それによってお互いをよく知ることができるというメリットがあります。こういった名刺交換の慣習があることから、社会で活動を行うということになると誰もが名刺作成を行って自分を紹介できる名刺を携えるようになります。





会社に勤めていると必ずしも労力を割いて自分で名刺を作る必要はなく、基本的なデザインの名刺が提供されていることが多々あります。そういった場合には必ずしも自分で自分の名刺をデザインする必要はなく、与えられたものを使用するというのが一般的です。しかし、あらゆる会社でそういったことが行われているわけではなく、個人にそのデザインが任されている場合も多々あります。特に個人の活動が重視される小企業においてはその傾向が強いのが実情です。





名刺は挨拶のための道具であるという考え方もできますが、それと同時に自己アピールをするための道具でもあります。名刺を携えて自己紹介を行うというのが常識となっていることから、相手に初めて会った際には必ず名刺を渡しながら自己紹介をすることになります。そのため、自分の人としての印象と名刺から受ける印象とが重なることが多く、それによってどういった人物であるのかということを判断されることも少なくありません。





そういった視点に立って、オリジナルの名刺作成を行うことで、より効果的に自己アピールを行うということも重要な考え方です。印刷業者に依頼をすると多数のテンプレートが提供されているため、大した労力をかける必要もなく名刺作成が行えるのは事実です。しかし、それによって自分の本来の姿を訴えかけることができるかどうかは別問題であり、もし適したテンプレートがないのであれば自らデザインするというのがよいアプローチとなります。





一方、オリジナルのデザインを考案するにはある程度のセンスが必要になるのも事実です。そういった才能に長けていると自負がない場合には、デザイナーに依頼して作成してもらうというのも良い方法です。印刷業者に依頼すると提携しているデザイナーがいる場合も多く、その人を紹介してもらうことによってデザインから印刷までを手軽に行うことができます。そういったサービスを利用して自分を適切に反映しているオリジナルの名刺を手に入れると良いでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a