名刺作成のファーストTOP > コラム > データ入稿なら素早い名刺作成依頼が可能

データ入稿なら素早い名刺作成依頼が可能


名刺作成で専門の業者に依頼する場合には、二通りのやり方が今の主流です。



一つ目の方法がデータ入稿で印刷を依頼するというものです。業者への注文は、あくまでも印刷を依頼するにとどまり、デザインなどの名刺作成は、注文者側が事前に作業を行っておく方法です。作成にはデザインソフト、フォトレタッチソフトなどを使用します。



この名刺作成方法のメリットは、自由にデザインを作れるという部分です。印刷業者が指定するサイズさえ守れば、色やロゴ、背景画像、入力する文字などの情報を自由自在にデザインすることができます。ただし、モノクロ印刷で名刺を作りたいのであれば、カラーで原稿を作っても意味がありません。完全な白黒や編みかけのようにグレーの色調で印刷されるようになります。







データ入稿の方法には、いくつかの手段が用意されています。印刷業者が用意する、専用のページからアップロードする形で、すぐさま送れるシステムがよく見かけられます。郵送で送る時間のロスがないため、名刺の完成品を受け取るまでの時間を短縮できるよさがあります。



しかし、名刺程度のデータであれば、サイズもそれほど大きくはありませんので、メールの添付ファイルとし、送信するやり方でも、直ちに印刷業者へ送ることが可能です。この他にも、USBやDVDなどのメディアに記録し、郵送や宅配便で送るやり方が存在します。



もう一つのやり方は、データを注文者側が作成するのではなく、印刷業者側が予め用意するデザインを選んで、注文するというものです。



このやり方であれば、オンライン上で全ての作業が完結しますので、別途データを入稿せずとも、名刺作成の依頼ができるよさを持っています。原稿作成の技術がなかったり、データに加工する知識を持たない人にはたいへん便利な方法です。



決められたデザインしか選べないという欠点はありますが、そこは経験のある専門の印刷業者ですので、名刺としてふさわしい、使い勝手の良いデザインのテンプレートを数多く用意してくれています。特殊なデザインに拘りがなければ、これら既成のデザインでも十分見栄えの良い名刺が作れます。



印刷業者によっては、型抜きの名刺が作れるなどの、特殊な加工を手掛けるサービスを提供している例がありますので、このようなサービスを利用すれば、珍しい名刺を簡単に作り出せます。





また、用紙をマットやコートなどの質感を持つものに変えるだけでも、一般のものと比べて雰囲気の違う名刺を作れます。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a