名刺作成のファーストTOP > コラム > 用紙の厚みを重視して印象を良くする名刺作成

用紙の厚みを重視して印象を良くする名刺作成


日本のビジネス界で活躍していくために必要となるのが名刺であり、初対面の人に会った場合には必ずといって良いほど名刺交換が行われます。これによって自分がどんな人であるのかということを伝えると共に、相手の情報を引き出すことができるようになります。名前だけでなく、所属や役職、連絡先といった情報が記載されていることから、これからどういった態度でその人に接すればよいかや、必要となったときにどうやって連絡を取ればよいかを知ることができます。こういった文化があることから、ビジネス界にいる限りは名刺作成が必須となります。



企業によっては名刺作成を自ら行う必要がなく必要数を申請すると自分の名刺を準備してもらうことができます。企業のオリジナル名刺があるためであり、それで満足できる場合にはとても簡便で良い選択であるといえます。しかし、必ずしもそれがベストではないということは留意しておく必要があります。名刺が相手に与える印象は強いものであり、企業のオリジナルのものを用いているということは、企業の代表者としての認識を得ることはできたとしても、個人として認識してもらうことができないこともあるからです。




オリジナルの名刺作成を行っておくというのは自分を主張するという目的で有用です。たとえ企業のオリジナルのものとほとんど変わらないデザインであったとしてもその印象を大きく変える方法があります。それは用紙を選ぶということです。企業オリジナルのものの場合には、そのコスト削減のために安価で薄いものを用いていることがほとんどです。しかし、薄い名刺はどうしても軽いイメージを与えてしまいがちであり、相手に与えられる印象が薄くなってしまいます。たとえ同じデザインであったとしても少し厚めの用紙を選ぶだけで重みが増し、相手に与えられる印象も大きくなるというメリットがあります。



より効果を上げるためにはオリジナルのデザインの名刺作成をするに越したことはないでしょう。普段は企業オリジナルのものを用いておき、いざという場面で使用できる自分オリジナルのものを持っておくと役立ちます。その際にはデザインを重視することも重要ですが、販売されている中でも良質で厚みのある用紙を選んで購入して作成するのが良い方法です。そうすることによって相手に与えられる印象が良くなり、自分の将来を作り上げていく上で効果的な名刺交換を実現することができるでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a