名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成はデザインにこだわりましょう

名刺作成はデザインにこだわりましょう


初めましての挨拶と共に行われる名刺交換。



後に残るものだからこそ、名刺作成時にデザインにはこだわりたいものです。



名刺はその人の顔と言っても過言ではありません。



目につきやすい名刺は、相手に印象を深く残すことができます。



デザインにこだわった名刺は、第一印象をよくするための武器ともいえます。



まずは相手に自分を覚えてもらうことが第一ですから、名刺にはこだわりたいものです。



目を引く名刺であれば、名刺自体が話題として相手との円滑なコミュニケーションに一役買うケースも多々あります。



センスの良い名刺は、それだけで相手に好印象を持たれる事うけあいです。



こだわった名刺は、渡した相手に名刺がメッセージを伝えてくれるのです。



こだわった分、名刺から相手に伝わるメッセージはしっかりした物となります。



名刺は大事な広告のひとつなのです。相手に好印象や信頼感を持ってもらえるような名刺を持ちたいものです。







渡す時は勿論ですが、大事なのはその後です。



例えば商談会や交流会などで、同時に多数の方と名刺を交換した際、あとでもらった数々の名刺を眺めて、顔と名前を一致させる事はできるでしょうか。



もらった名刺をホルダー等に整理して、後日ぱらぱらめくった時に、この名刺に書いてある人はどんな人だっけ?と思った経験はありませんか。



最初に好印象を持ってもらえた名刺は、その後の展開につながっていくのです。



日々の仕事の中で、どうしても名刺は増えていってしまうものです。



他の方達と同じようなただ文字だけ並べた名刺だけで、先方はあなたの事を思い起こしてくれるでしょうか。



そんな時に、名刺作成でこだわった名刺は強力な助けとなります。



日々眺めている名刺ホルダーの中で、抜群の存在感を示す名刺。そのような名刺を作ってみてはいかがでしょうか。



相手の印象に残ってくれれば、何か案件が発生した時に「あの人に相談してみようか」となるかもしれません。





名刺は相手に保管していただける可能性の高い、重要な広告です。



その重要な広告が埋没してしまうようですと、相手はあなたの事を忘れ、最悪名刺は処分されてしまうかもしれません。



そうならないよう、相手の印象に深く残り、いつまでも手元に置いていただけるようにこだわって作りたいですね。





名刺は会社や自分を相手に印象づけるための絶好のツールです。



初対面の相手に自分を印象付け、他の名刺と共に整理された際にも存在感を示し、他の名刺の中で埋没することなくアピールできいつでも相手は自分を思い起こしてくれる、そんな名刺になるように、名刺作成はデザインに大いにこだわりましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a