名刺作成のファーストTOP > コラム > 加工で個性的に作る名刺作成

加工で個性的に作る名刺作成


事業の内容に関わらず企業では何等かの取り引きがあり、相手があって初めて事業が成り立つものです。



その為営業活動には力を入れる必要があり、営業マンの腕や印象の良さなどが非常に重要となるでしょう。



しかしこれだけではなく、取り引きを行う上でパンフレットやチラシなどの補助的アイテムも重要なものであり、どんなにレベルの高い営業マンがいても会社の印象を決めるこれらのアイテムに問題があれば販売促進にはつながりません。



予め考えて良い営業ツールを作るための工夫が必要となります。





営業活動においてまず最初に相手に渡す事になるのが名刺です。



単純に会社名と氏名を伝える為のアイテムであっても、そのデザインによって相手に与える印象が大きく変わってくるでしょう。



名刺作成は社名と氏名が分かればよいという考え方ではなく、印象まで考えて行う必要があります。



まずカラーですが、ほとんどの会社にはイメージカラーというものがあり、それに合わせてロゴやキャラクターなどをコーディネートしているという場合もよくあります。



例えばパンフレットやチラシにはブルーを基調としてデザインを施しているのに、名刺だけ全く違うレッドなどのカラーになっているとバランスが取れませんし、相手が見た時にそれらのアイテムを紐づけするのが難しくなります。



このカラーと言えばこの会社、というように相手に商品と名刺をつなげて考えてもらえるように統一感をもたせる工夫をする必要があります。





また、紙の質も大切です。



厚紙である事は同じであっても、光沢感のあるものから和紙のようにうっすらと模様が入っているものなど様々な種類があり、その選別も名刺作成において重要なポイントとなるでしょう。



加工をする場合には紙の質が限定される場合もありますが、いずれにしても普通の厚紙ではなく工夫がなされたものを使った方がデザイン性が感じられて相手に与える印象も良くなるのではないでしょうか。





最近では長方形の名刺ではなく、さりげないデザインとしてカットに工夫が施されているものもあります。



少し丸みを持たせたり、ロゴマークが浮き出たような立体的なデザインのものもあり、全体的に自由化されています。



しかし注意すべきなのはあまりにも形を変えすぎると名刺入れに収まらないという場合がありますから、こういった工夫はさりげなくするという事を心得ておきましょう。



その他写真を入れて顔を覚えてもらうなど名刺作成はオリジナリティを出せる最強のアイテムです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a