名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の際にはクレジットカードで支払いを

名刺作成の際にはクレジットカードで支払いを


名刺も日々の業務に必要なものですから、なるべく枚数も管理して切らさないようにしないといけません。それでも仕事を頑張っているとあっという間になくなってしまいますから、適宜補充をしていくのもとても大切な事になります。今は名刺作成を専門にする業者などもありますし、注文すればかなり早く対応して納品してくれる所も少なくありません。





けれどもその際には、支払いをきちんと前払いなどで行なう必要があります。銀行振り込みなどはどうしても時間がかかってしまいますので、業者側でもクレジットカードを支払いの時に利用ができるようにしてくれているので、どのブランドのカードであれば使えるのか確認しておきましょう。大手ブランドは大抵使うことが出来ますが、万が一のことを考えると自分で確認しておくことは大切です。





名刺作成の時には必要な枚数を考え、どんな文章などを書いてデザインしていくのかも検討していきます。データ作成をして入稿なども楽になりましたが、それが難しい時には業者側である程度テンプレートなども準備してくれているのでそれを使えばさっと必要な分だけ名刺をシンプルに作成することが出来ます。





作成できるものもビジネス用としてシンプルに氏名やメールアドレス、電話番号など必要事項を印刷した従来のものもありますし、オプションなども利用してこだわって作成することも出来ます。角も丸くしたり、型抜きをするようなオプションを利用すれば印象もがらりと変わるので、ここぞという時に使える用として持っておいてもいいでしょう。こうしたオプションを利用する時は名刺と言うよりショップカードなどの製作などに使われたりすることもあります。





金額自体は最低限の数や印刷方法だと2000〜3000円ぐらいでも名刺作成が出来ますが、支払いに関しては素早い納品を希望するなら早めに行なわなくてはいけません。クレジットカードを用意したり、場合によっては後払い対応ができる時でも銀行振り込みも早めに行なっておいた方が支払い忘れも防げるので安心です。金額は印刷代金と必要なオプション料金、配送料は業者によって変わりますが、送料込みであっても離島の場合は別途必要になる場合もありますのでそれだけ注意して見積を取ってみて下さい。シンプルなものからお洒落なものまで、いろんな名刺が作成できます。利用する時には支払いや納期もしっかりと考えて必要な時に間に合うように準備をしていきましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a