名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成での購入方法について

名刺作成での購入方法について


名刺作成する場合、その名刺を何に使うのかで購入方法は変わってきます。



趣味で使う程度ならできるだけ安価なほうがよいでしょう。そうなると自力で名刺作成することをおすすめします。どうしても用紙の厚みは薄くなり高級感にはかけますが、自分のプロフィールを伝える程度ですし、自分の好みを全面に押し出せるので自分の人となりが分かってもらえて話題づくりにもなってよいでしょう。





ビジネス用に考えるのであれば外注で行うのがよいでしょう。名刺作成の専門の業者なら見た目にきちんとしたものが作れます。こだわりがあるなら、点字加工や2つ折りなど加工オプションも合わせてやってもらうのもよいでしょう。





ビジネスで作成する場合には趣味のものと違って私的な情報はあまり要りません。自社のサービスや商品のポイントをアピールできるものがおすすめなのです。名刺は小さなものなのでスペースに限りがあります。情報を多く盛り込みすぎると見づらくなります。自社のどこを伝えたいのか、それを考えてから作成しましょう。





名刺を業者で作成する場合にも自分で作るときにもまずはデータ作成が必要です。業者であればある程度のテンプレートはあるのでそれにしたがって作成すればよいでしょう。





一番覚えてもらいたい情報は名前なので、ふりがなを必ず入れて読みやすくしましょう。ローマ字でのふりがなでもよいですが高齢者相手に渡す場合、日本語のほうが覚えてもらいやすいでしょう。趣味のものならニックネームを入れるのもよいです。





連絡先は電話番号だけでなく最近はメールアドレス・Twitter・Facebookを入れるのも基本になっています。



インパクトあるものにするには顔写真や似顔絵を載せるとインパクトが大きくなります。名前と顔を覚えてもらうために渡す名刺としての役割が果たされます。ただ捨てにくいというデメリットで嫌がる人もいます。



趣味のもので不特定多数の人に配るという場合には、ニックネームやペンネームにして連絡先を入れないようにしてプライバシーを守りながらの名刺作りもよいでしょう。





名刺において見やすく印象に残るデザインを考えることも大切ですが、手渡しで渡されるものだからこそ用紙の手触りも重要なのです。だからと言ってインパクトを狙ってラメ入りや凹凸のあるものを選ぶと印刷した文字がゆがんで情報が読み取れなくなってしまうのでやめましょう。読みやすくて手触りのよい紙にこだわるのもよいでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a