名刺作成のファーストTOP > コラム > 社会人にとって重要な名刺

社会人にとって重要な名刺


身分証の代わりとも言える重要さ



名刺は、社会人にとって必要不可欠な物なのでしょうか。現在社会人になった時に初めてもらうもので、自分の名前と会社名が入っている紙切れを受け取ることになりますが、この時に初めて「大人になったな」と思った記憶はないでしょうか。現実的には20歳になって成人式を迎えてもまだ、学生の時はそこまで社会人としての意識はないのではないでしょうか。実際に大人になったと感じるときや、大人としての責任感を持つ時というのは、成人した時ではなく、会社に入社して名刺をもらった時であると言えるかもしれません。



会社から名刺をもらうということは、会社の一員として認められたということです。そして、お客さんと挨拶をするときには名刺を相手に渡します。渡した紙にはには自分の名前と会社名が書かれているため、会社の代表として挨拶をしているようなものです。そこで初めて社会人としての自覚を持つのではないでしょうか。たかが紙一枚と思うかもしれませんが、渡された相手はその名刺をもらって、会社名と肩書きで渡してくれた相手のことをある程度ランク付けしてしまいます。



たかが名刺と言われるかもしれませんが、これは非常に重要なもので、名刺があれば、相手に自分がどんな人物なのかをある程度印象づけることができます。たった一枚の紙切れと言えばそうですが、書かれている名前、会社名、役職などこれだけのことで相手のことを値踏みすることになります。実際に貰った方は、身分を明かすことで、見るたびにもらった人の事を思い出しますし、どんな人なのかを思い浮かべます。



なぜここまで名前によって人は相手の見方が変わり、責任感が出てくるのでしょうか。社会人の顔とでも言える名刺で、相手に自分の気持ちを伝えるように書かれていることが今の自分自身だということになります。往々にして肩書きを気にすると言われる日本人です。肩書き次第で相手の態度も変わりますし、肩書きがあれば、自分にも自信を持てるものです。もし、きっかけとなる物がなかったら、初めての会社で初めての方と話をするときに、最初の挨拶を言葉だけで終わらせることになり、その後の会話をしてから別れたあと、連絡の取りようがありません。何か目印になるものがあれば、電話番号などが乗っているので、いつでも連絡をすることができます。名刺を見ながら連絡をしている時には、最初に会った時の相手の顔や仕草などを思い出しながら会話をすることができるので、親近感が湧いてきます。これでお互いの距離が近づいてきます。次回会った時でも、すぐに相手が誰なのかがわかりやすくなります。





どのように作られるのか



では、ここまで名刺の必要性を話してきましたが、一体どこで作るのでしょうか。会社に入社してから、会社が作ってくれるのでどこで作られるのかがわからない方も多いと思います、実際には、専門の業者で作ってもらうことが一般的です。入社してすぐに、会社の方で作ってくれるのでどう作られているかについてあまり深く考えることなく、作成された名刺を気に留めることなくもらって使っている方も多いでしょう。



ですが、自分で制作することもできます。パソコン1台あれば、名刺の作成ソフトを使ってデザインや文字を入力すれば簡単に完成するものです。



ただし、用意する人数が多い場合は、業者に依頼したほうが費用対効果を考えると効果的です。名刺を作ることは最近のパソコンや作成ソフトの普及でより安く作成することができるようになってきていており、業者の方でもパソコンで簡単に作ることができてしまうので、後は印刷をするだけで完成させることができます。コストがあまりかからないので、業者に依頼してもそこまでお金がかからなくなってきています。ただしデザインや会社のマークなどが決まっている場合は、それを業者に伝えて、それが入っているものを作ってもらわなければいけません。そこを間違えてしまうと使い物にならないため、会社ごとに決まりごととして名刺に書かなければいけない内容は、はっきりと業者にわかるように伝えれば、あとは業者に安心して任せることができます。





発注の流れ



実際に業者にお願いすることが決まりましたら、発注の流れはどのようになるのでしょうか。まずは、業者から提示されたデザインやレイアウトなどの確認作業があります。デザインやレイアウトが決まれば、これで会社毎のレイアウトまで決まるので、そのあとは、個別情報を1人ずつ変えていくことになります。個人情報を業者に伝えることで、それからあとの作業は、全て業者側が行ってくれるので、出来上がりを待つだけとなります。これで発注の流れとしては完了です。最後に受け取ってから問題がなければ完成です。



ここまでいろいろと情報をお伝えしてきましたが、無意識に使っているにもかかわらず、切らしてしまうと会社付き合いがうまく回らなくなるというリスクを抱える重要な存在です。実際に、名刺はそれだけ大事なものだと言うことができます。



また、発注する前にどこの業者にするか十分に検討することも重要で、いくつかの業者に見積もりを出してもらう事が大切になります。見積もりを比較することで、どの業者がどれだけ安く作ることができるかを知ることができます。すると、一番安い業者に依頼することができますので、複数の業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a