名刺作成のファーストTOP > コラム > 女性向け名刺を作ってみよう

女性向け名刺を作ってみよう


女性向け名刺の役割



名刺は、ビジネスの場面で使われてるイメージですが、女性の場合は、ビジネスだけではなく、趣味や習い事など多種多様な場面で使われます。



例えば、大人のバレエを習っていると仮定します。自分の名刺を、可愛いバレリーナのイラストをいれた名刺をもつのはバレリーナになりきったようで気分が上がります。イラストだけではなく、細く繊細なけい線を使い、見た目を華やかにすることもできます。全体をピンクにまとめて『眠りの森の美女』のオーロラ姫風にしたり、あえて色を入れないモノトーンにして



『白鳥の湖』オデットオデール風にアレンジしても素敵です。



女性向け名刺のポイントは、デザインが美しいことです。読みやすい、見やすいことも大事ですが、見た目の印象が可愛いか、自分の感性に合うものかどうかは外せない点です。



また、イラストや全体のデザイン同様に、文字が与える印象も大きいです。繊細でクラシカルな雰囲気の文字にするのか、元気でポップな文字を使うかで、受ける印象は大きく変わってきます。文字を含めた全体のデザインで、その方の世界観を表現できる名刺がビジネス以外では喜ばれます。



女性向け名刺は、必ずしもビジネスシーンで活躍するものばかりではありません。名刺を渡して、自分の名前を覚えてもらうというケースもありますが、自分が表現した世界観を伝える目的もあります。





女性向け名刺を作成する



名刺を作ろうと思った時、今では自分で作ることもできます。台紙のデザインを作るデザインソフトは、インターネットを使って手に入れることができますし、印刷もそのまま業者に発注することができます。印刷を業者に頼まなくても、自宅のプリンターを使えば作れます。



名刺は今や、気軽にできる自己表現ツールになっています。時には、この名刺作成を頼んでみるのも良いでしょう。



プロに頼むと、その表現方法の選択肢の幅が広いです。色やデザインだけではなく、紙の質感や文字の表現の幅は自分で作ることに比べると、その選択肢の広さは全然違います。多くの中からデザインを選べると、クオリティも上がります。



名刺はデザインも大切ですが、紙の質感や名刺自体の形も重要です。紙の質感は、名刺を交換したとき、相手に手の感触で覚えてもらうことができます。この質感の素材は、プロのアドバイスを受ける方が良いでしょう。プロは、そういう提案の選択肢が圧倒的に違います。その膨大な分母が武器です。分母の差が提案力の差、完成したときのクオリティの差になります。



10の選択肢から選ぶのと、100の選択肢から選ぶのでは、後者の方がクオリティが高くなります。頼るところはしっかりと頼り、より自分のイメージしている名刺を作る環境を整えましょう。



名刺の形も長方形だけではなく、例えば、角が丸みを帯びるようにカットされている物もあります。女性向けの柔らかい印象を与えたいときは、デザインだけではなく、名刺自体の形をかえてみるのも一つの手です。





女性向け名刺を依頼するポイント



いざ、名刺作成をプロに頼もうとした時、いくつかポイントがあります。



まず重要視したいのが、柔軟な対応をとっていただけるかどうかです。初めて名刺を頼む時は、デザインの注文一つとっても発注の仕方が分からないものです。



例えば、デフォルトのデザインよりも目立たせたい文字があったとします。お客様は、ここの文字を太文字にして欲しいと変更を依頼するかもしれません。これを、作る側が額面通り受けとって太文字にした結果、デザインがアンバランスになり、もっと修正を依頼されたというケースもあります。



どういうことかというと、お客様は文字を目立たせたかったのです。文字を目立たせる方法は、太文字にすることだけではありません。文字の大きさ自体を大きくしたり、逆に周りの文字を小さくすると、相対的に目立ちます。



また、色を変更することかもしれないし、背景の色をかえる事でもできるかもしれません。お客様は、文字を目立たせる方法の選択肢が、プロに比べて限られています。しかも、その方法が最も適したものかどうかは別です。名刺を作るプロならば、お客様の要望の先にある物を読み取る事が大事です。



この例でいう、文字を目立たせたいという要望です。デザインを、時にはきちんと提案してくれるような所だと、たとえ金額が高くても発注したくなります。また、スピード感も大事です。



名刺を切らしてしまって急に追加が欲しい場面はよくあります。そういう時でも、スピーディーに対応してもらえるところだと安心して頼めます。デザインにしろ、スピード感にしろ大事なのは、顧客にきちんと向き合い臨機応変に対応しようとする心ではないでしょうか。



名刺は、今では自分でも作れますし、インターネットを探せば制作している会社はたくさんあります。価格もどんどん下がっています。その中で生き残れるのは、超個別対応をしてもらえることが大きいです。名刺を依頼する会社のポイントは、個別に対応してもらえる仕組みがあるかどうかです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a