名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺を作成する際、タテ型にするかヨコ型にするか

名刺を作成する際、タテ型にするかヨコ型にするか


名刺作成のメリット



ペーパーレス社会となった現代、仕事の上でも紙媒体での削減が目立っています。会議資料もタブレットやノートパソコンに配信されるようになり、その資料を見ながら議題が進行されるようになりました。タブレットを活用すれば、インターネット配信された資料についてもメモ書きができますから、紙と同じように使用することができます。メディアに保存しておけば、不要になればデータを削除すれば良いだけですし、欲しい資料もメディア内にあればいつでも閲覧ができます。持ち運びの荷物も最低限ですみますし、その場ですぐに確認できるため、やはり紙を用いるよりもデータで管理をする方が便利なのです。最近では、他にもグループウェアを用いて申請や上司とのやりとり、社内プロジェクトのやりとりといったものを一括管理する企業も増えており、このペーパレス化はビジネスシーンで着々と増えています。



そのような中でも紙媒体である名刺は廃止されることなく活用されていますし、それどころか最強のビジネスツールとしてその必要性が見直されています。挨拶の場で必ず渡すものであると考えられており、新入社員は渡し方や受け取り方のマナー講習を受けるくらい定番化しています。ペーパレス化に伴って名刺を用意せずにSNSのアカウントを教えたり、仕事用の携帯電話の連絡先を交換するだけで十分であると考える人も増えていますが、まだまだ浸透していないために無礼だと思われることも多いです。そのため、特に年配の人との対面場面では用意しておく方が無難です。多くの企業では会社から支給がされますし、個人で仕事をしている人は名刺を作成しておく方が今後の仕事のオファーにも良い効果を生み出すことが多いです。





作成方法



企業に在籍すると、その企業が職員に対して名刺を作成して配布するのが一般的です。所属や肩書き変更、転勤に伴っての記載内容の変更についても自動的に新しいものが届いたり、自分で担当部署に申請をすれば新しいものを作成してもらうことができることが多いです。しかし、個人で仕事をしている人の場合には、このように担当部署があるわけではないので自分で作成をする必要があります。最近ではインターネットソフトの充実やプリント技術の向上に伴って自分で作成をするということもできます。ただ、自分で作成となるとデザインから考える必要があるためセンスの面で不安がある人もいます。そして、インクジェットプリンターであればインクが滲みやすく、自作の場合には完璧なつもりであっても若干のヨレがあったり、在庫が減ってきたら自分で新たに作成の必要があったりと手間も時間も案外かかるものです。そこで最近ではインターネットで名刺の作成会社に問い合わせて作成依頼をするということも増えています。



この作成会社というのが意外とリーズナブルであり、なおかつデザインについても多くの案の中から希望するものを選んで作成をすることができます。追加料金が必要なこともありますが、文字フォントや紙質にもこだわることができ、人目をひきやすい世界で一つだけのものを作成することができます。納期も早く一週間ほどでできる場合も多いです。そのため、最近では自営業やフリーで仕事をしている人だけでなく、会社員として勤めているものの会社支給のものとは別に自分個人の名刺を作成する人も増えています。





タテ型にするのかヨコ型にするのか



名刺というのは元来はタテ型のものが当たり前でした。それが最近ではヨコ型が増えています。ヨコ型のものは全体シェアの95パーセントもあると言われているほどです。このようにヨコ型が主流となりつつあるのは、いくつか理由があります。まずはインターネットが発達したことにより、会社のホームページを記載することが増えたためです。そして、外資の会社や外国との取引がある企業であれば名前や会社名、といった記載情報に英語表記も必要なことがあります。また、ヨコ型というのはデザイン面での理由からも記載できる情報の自由度が高く、会社オリジナルの情報を記載することもできます。このような理由から英語を書くためにヨコ型が採用されることが増えています。



しかし、そのような中でもあえてタテ型を採用するという人や企業もあります。やはりタテ型というのは長い間日本国内で使われてきた名刺の形です。そのため、タテ型のものというのはそれだけで格調高い印象を与えることができます。また、交換をする際にもタテ型の方が日本の受け渡しマナーにあっており正しく受け渡しが行いやすいです。そして、長年親しみがあるために年配の人からの受けが良いという効果があります。しかし、このような効果があっても、メールアドレスやホームページ情報が必須な仕事をしている人も多いものです。そのような人たちであれば、タテ型を使用してわざわざ別途情報を提示するのは面倒くさいものですからヨコ型の方が手間も少なくてすみます。そこで、会社や自分自身が与えたいイメージや記載すべき情報によって選ぶこと、また余裕があるならばTPOに応じて使い分けられるように二種類用意することが望ましいです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a