名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺で自己アピールを上手にできるための工夫

名刺で自己アピールを上手にできるための工夫


名刺でできるアピールの方法



古来挨拶代わりあるいは来訪を伝えるメモ書きとして人々の間で重宝されてきた名刺は、現代においても様々なシーンで大切なコミュニケーションツールとして役割を果たしていますから、効果的に自己アピールをしていくのに有効である事に違いありません。もっとも欧米ではサインが主流となっていますから日本特有の習慣とも言えます。特にビジネスの上で無くてはならない存在ですが、あまりに多くの人たちが作成しているもので、逆にその存在感が薄れつつあることも否定できません。

何しろペットの写真をメーンにした趣味のものまで登場しているのですから、本来自分の名前をしっかり覚えてもらいたいと思っている人にとって、この現実はなんとかしたいと感じても当然です。少しでも他の人に抜きんでた目につきやすい、それでいて品を落とさずに最後まで役割を全うできる形とデザインという事で、様々なタイプのものが流通しています。

花びらをかたどったものは花屋のそれであるとなんとなく想像できますし、ハートをたくさん描いたものは結婚式場、そして音符が描かれているものは音楽業界、エレガントで絵画的なものはデザイナーというように、一目で職業がわかるデザインを工夫しているものがあります。また、角を丸くする事でシンプルな中にもおしゃれでセンスの良さを演出しているものもあります。モノクロを基調にした素材や型抜きにしたものなど、実にバラエティに富んでいて見ているだけで楽しくなってくるものが増えていますから、デザインで自分を表現してみるというのも工夫の1つです。しかし、忘れてはいけないのはマナーです。相手に手渡す時は両手で両端を丁寧に持って渡すなど、昔から礼儀とされてきた渡し方のパターンを覚えて実践してみる事も、相手に良い印象を与え覚えてもらえるこつでもあります。



名刺でより効果的にアピール



通常の黄金律で型をとった一般的な名刺はシンプルながら品の良さと安定感があり、最も無難なところなのですが、近頃評判となりいたるところで活用されているものにステッカータイプがあります。縦横比率は一応黄金律を固持しているのですがシールや面ファスナーのようになっていて好きな場所に貼る事ができますから、嫌でも目につきます。店舗名や連絡先など重要な項目はしっかり書かれている上にPR文章も記載されていますから、効果は抜群です。

社のロゴマークを型抜きしたものも登場しています。ビジネス用に使われるのが主ですが、正真正銘サークルのグループ名やミュージックバンドのロゴあるいはイラストを描いたものもあり、使用目的も多彩です。自己PRという他に交流を深めるという意味でも用いられている事からもわかるように、従来の使い方にこだわらずに思い思いの気持ちで作成し、コミュニケーションアイテムとして言葉の変わりに使ってみたいという人が増えているのです。

かつてビジネス業界のアイテムだったものが、主婦や学生など一般庶民の間で浸透してきているという事でしょう。ステッカーにしても同等の価格で作成できますし、小ロットからでも発注可能ですから特に職業や身分に関係なく誰でも作成する事ができます。自己PRという目的の他にもペットPRという意味で作成する人も増えているように、ペットブームに乗る形で愛犬家や愛猫家同士で集まってオフ会をする時に写真を見せ合うように交換をしあっているのです。人の数だけ使い方もいろいろですから、自分なりのコンセプトでPR用に制作してみるのも楽しいかもしれません。



アピール度アップのための名刺にかかる相場



名刺は元々自己紹介および名前を覚えてもらうという意味で作成されるものですから、品良く目を引くものが良いのです。標準的な情報が含まれている事は当然ながら特有のロゴマークなども入れて印象深いものにしようと、それぞれに工夫をこらしたものを作成していますから、後は機会あるごとに配れば良いのでしょうが、むやみに配布してもまったく効果がないのでは切なくなります。

できる限り効率良い活用をするためにオプションを追加してユニークなものを作成してみるというのも良い方法です。あまりにおふざけ過ぎるのではない限り、どのようにしても良いのです。さらに考える事があるとしたら費用です。通常安いものであれば100枚セットを低料金にて作成してくれる業者も多いですが、当然ながらプラスアルファの効果をもたらそうとすれば割り増し料金になります。その相場は特殊加工の内容や使用される色数によって違ってきます。やはり色使いは最も高価ですが目に留まりやすさは違いますし、金箔を貼った豪華なものになればさらに高くなります。

送り方やエリアによってさらに割り増し料金になりやすいですから、利用店が県外になると高くつくという事で、なるべく近隣で利用店舗を見つけられるのが良いです。通販で送料無料というサービスも増えていますから、安くあげたいならそうした店を選びましょう。オプションをつければ確かに高くはなりますが、それで効果アップするなら総合的に考えて安いと感じるケースもあるはずです。目先の料金にこだわるよりもPR度アップをいかにはかるかという点と、強調点を考えて制作するのがオススメです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a